“日本橋際”の読み方と例文
読み方割合
にほんばしぎわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勿論その住民の階級職業によって路地は種々異った体裁をなしている。日本橋際木原店軒並飲食店の行燈が出ている処から今だに食傷新道の名がついている。