“食傷新道”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょくしょうしんみち33.3%
しょくしょうじんみち33.3%
しよくしやうじんみち33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このたびの就職から、新しく雇い入れた渡り者の年寄の仲間を一人従えて、市中見物の門出に、根岸から、広小路の方へ出て見ると、食傷新道しい人の行列がありました。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
勿論その住民の階級職業によって路地は種々異った体裁をなしている。日本橋際木原店軒並飲食店の行燈が出ている処から今だに食傷新道の名がついている。
勿論其の住民の階級職業によつて路地は種々異つた体裁をなしてゐる。日本橋木原店軒並飲食店の行灯が出てゐる処から今だに食傷新道の名がついてゐる。
路地 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)