押絵と旅する男おしえとたびするおとこ
この話が私の夢か私の一時的狂気の幻でなかったならば、あの押絵と旅をしていた男こそ狂人であったに相違ない。だが、夢が時として、どこかこの世界と喰違った別の世界を、チラリと覗かせてくれる様に、又狂人が、我々の全く感じ得ぬ物事を見たり聞いたりする …
作品に特徴的な語句
かっ しい はて かかえ かたわ がく すく じょう やき あらた くれ おり なま おち すぎ かえっ ため よう 手摺てず 息吹いぶき 思召おぼしめし のち へん おさ かつ かよ ぼたん あやう 際涯はてし 人足ひとあし ばけ 仕合しあわ 膏汗あぶらあせ 無駄むだ 鼓動こどう 煩悶はんもん 燈火あかり 物懐ものなつ 猫背ねこぜ 黒革くろかわ はなは 生地きじ 産毛うぶげ 異形いぎょう くせ 白帆しらほ 白髪しらが しわ 黒血くろち 盆石ぼんせき そう 鹽梅あんばい 相違そうい 真暗まっくら 真鍮しんちゅう 真青まっさお 睦言むつごと 瞳孔どうこう たしか 神々こうごう 空頼そらだの 窮屈きゅうくつ 立並たちなら はず 魔性ましょう 魅入みい 箱根はこね 風采ふうさい 節廻ふしまわ こも 粗相そそう 粟粒あわつぶ 細面ほそおもて 結綿ゆいわた 綺麗きれい 緋鹿ひか たぐい 縞目しまめ みち 角膜かくまく わけ 貝殻かいがら がた もら 跡方あとかた うずくま 身体からだ 隙見すきみ 輪廓りんかく 辮髪べんぱつ かぎ