“辮髪”の読み方と例文
読み方割合
べんぱつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この形や、脂じみているところなどから見ると、明らかにあの水夫たちの好んでやる長い辮髪を結わえるのに使っていたものだよ。
辮髪を自慢そうに垂らして、黄色の洋袴羅紗の長靴を穿いて、手に三尺ほどの払子をぶら下げている。そうして馬の先へ立ってける。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
前額に二、三寸にれる程の髪を残してあとは丸坊主の子、辮髪風に色の布で飾ったお下げを左右に残すもの、或は片々だけに下げているもの。
中支遊記 (新字新仮名) / 上村松園(著)