“黒血”の読み方と例文
読み方割合
くろち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
汽車はしい海岸の、けわしいや砂浜の上を、単調な機械の音を響かせて、しもなく走っている。沼の様な海上の、靄の奥深く、黒血の色の夕焼が、ボンヤリと感じられた。
押絵と旅する男 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
トーンと孝助の月代際打割ったゆえ黒血がタラ/\と流れる。
おのが黒血を啜り上げ
妄動 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)