“月代際”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さかやきぎわ66.7%
さかやきゞわ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と云いながら十三間の平骨の扇で続けにしても又市は手を放しませんから、月代際の所を扇のれる程強く突くと、額は破れて流れる血潮。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
其の一番下の一合入の盃をとってポーンと投付けると文治郎も身をかわしてけたが、投げる者も大伴蟠龍軒、わず文治郎の月代際へ当ると
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
トーンと孝助の月代際打割ったゆえ黒血がタラ/\と流れる。