“かき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カキ
語句割合
19.4%
15.7%
牡蠣15.3%
10.2%
花卉6.7%
5.9%
5.9%
4.5%
3.9%
2.0%
1.8%
1.0%
禍機0.8%
0.6%
賈逵0.4%
佳姫0.4%
夏姫0.4%
0.4%
佳器0.2%
呵氣0.2%
和気0.2%
0.2%
0.2%
墻門0.2%
夏季0.2%
夏輝0.2%
嫁期0.2%
家姫0.2%
家記0.2%
0.2%
火器0.2%
火気0.2%
火氣0.2%
0.2%
花机0.2%
蠣殻0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
霞気0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
バラの花は低いの上にたれ下がって、すがすがしい、よいにおいを放っていました。ボダイジュの花も、いま、まっさかりでした。
しかしそれよりも私の目をひいたのは、丘の上の畑の向こう側にの大木が幾本となく並んでその葉が一面に紅葉しているのであった。
写生紀行 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
フランス人にわせれば牡蠣だって形は感じのいいものではない。ただ牡蠣は水中に住み、蝸牛は地中に住んでいるだけの相違だ。
異国食餌抄 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
女の歴史のくりひろげられる場面がそれぞれの家庭というの内に限られていたとおり、愛の作用まで無意識の狭さを与えられた。
……しかし、その後、ある奇縁によって発奮し、カルフォルニアで香水原料の花卉栽培に従事し、飽き飽きするほどの財産をつくりました。
キャラコさん:01 社交室 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
仲冬のすゑ此人居間の二階にて書案によりて物をてをられしが、りたる垂氷の五六尺なるがりにりてのほとりきゆゑ
村の男は大いに恨み憤って急に道士の跡を追って往こうとした。の隅をまがるとき、断りとられた手綱が垣の下に棄ててあった。
種梨 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
かの男はと見ると、ちょうどその順が来たのかどうか、くしゃくしゃと両手で頭髪しゃなぐる、中折帽も床に落ちた、夢中で引挘る。
革鞄の怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
火事の用心に板葺きというのはおかしいが、その板の上にはを多くのせて、火の子の燃えつくのを防がせることにしたのであった。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
秋はここにもに照れる桜の葉はらりと落ちて、仕切りの茶山花ほのかに、線香の煙立ち上るあたりには小鳥の声幽に聞こえぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
彼方け……御心配なさいますな……悪い奴だ、此の方々は成田の道者ではないか、手前たちは成田街道で其の日を送る駕籠の身の上で有りながら
例えばを見た事のない西洋人に柹を説明するよりも赤茄子のようだと話す方が早解りがするようなものであります。
創作家の態度 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
、独り独と英とのみではない。露西亜人はスラヴ民族を以て優秀なりと認むれば、仏蘭西人は拉典民族を以て優秀なりと認める。して、皆相持して下らぬ。即ち、其処禍機が潜伏するのである。
列強環視の中心に在る日本 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
竇は友人の言葉に従ってそれを造り、両方のを堅くした。すると蜂の群が牆の外から来はじめたが、それは絡繹として織るようであった。
蓮花公主 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
「ふしぎにも命が助かった」と、慄然としたが、実にこの危地から彼を救った者は、さきに彼の忌諱にふれて、陣後に残された賈逵であった。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
巨人の掌上でもだえる佳姫や、徳利から出て来る仙人の映画などはかくして得られるのである。
映画の世界像 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
妲己褒姒のような妖怪くさい恐ろしい美人をえに引くのも大袈裟だが、色をるという語に縁の有るところがら、楚王が陳を討破って後に夏姫れんとした時、申公巫臣めた
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
め居たりしがに山一ツ見えけるにぞ吉兵衞は水差に向ひ高き山は何國の山なりやし駿河の富士山も似たりと問ふ水差へて那山こそ名高き四國の新富士なりと答ふるから抑何に此山の絶頂より刷毛にて引し如き黒雲の出しに水差は仰天しすはや程なく雨下しの來るぞや早く用心して帆を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
懿才 曩彦し、佳器 時英く。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
氣息の道を以て、正を存し邪を驅り、病を厭し壽を全うするの事は、佛家にもまた存して居たことで、吹氣、呼氣、嘘氣、呵氣𡁱氣𡀗氣の六氣は天台の智者大師が示した六氣である。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
和気香風のに、臥榻を据えてその上にそべり、次第にり往くの声を聞きながら、るでもなく眠らぬでもなく、唯ウトウトとしているが如く、何ともかとも言様なく愉快ッたが
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
同行三 さまざまのを作って仏のお慈悲を拒んでいたのに気がつきました。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
陶は昔の花畦が建物のためになくなってしまったので、さらに田を買って、周囲にを築いてすっかり菊を植えた。
黄英 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
近づいてみれば、酒旗には「潯陽江正庫」とみえ、また墻門には、蘇東坡の書の板額
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夏季しいさうして野菜缺乏したには彼等唯一副食物むやうな漬物られてるので
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
議郎張譲議郎趙忠議郎段珪議郎夏輝——などという十名が中心となって、枢密に結束をつくっていた。議郎とは、参議という意味の役である。だからどんな枢密の政事にもあずかった。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お登和嬢の事は先日も志を打明けて中川君同胞に申出た通り到底天から僕に授からんものとめているから僕のために嫁期を失わんより早くい口を捜してもらいたい
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
そうして王氏は喜びのあまり、張氏の孫を上座に招じて、家姫を出したり、音楽を奏したり、盛な饗宴を催したあげく、千金を寿にしたとかいうことです。私はほとんど雀躍しました。
秋山図 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
却説江州甲賀の山奥木賊村庄屋家記によると、弦之丞は両刀をすて、農となってその地で終っている。
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
詩の翻訳は不得手ゆえ出任せに訳すると、テの詩が「風南海をまわして多足の蜈蚣を岩上にげ揚げた、船持輩この怪物の重き胴より大きな肋骨を取ってここに海神に捧げ置いた」
川のほとりに繁茂するぶなの木の枝と枝のあいだに、長い木材をわたして屋根の骨をつくり、それにテントを張り、そこに火器弾薬その他いっさいの食料を運んだ。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
もよほど歩行いたような気がするので、うっとり草臥れて、もう帰ろうかと思う時、その火気を包んだが、こう風にでも動くかと覚えて、谷底から上へ、あがりに次第に色がうなって
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
天井までつたならば、屋根まで打拔いて火氣くこと。これは天井つてがるのをぐに效力がある。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
り入が承まはれば其方に召仕ふ吉之助とやらんは殊の外發明者の由なり拙者方召使たしとの事なるが何共迷惑に思ども主人のなればとも云れずなく承知なし早々我家へ歸り女房にも此事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
柱にかけるなども特別にお選びになった支那錦で作られてあった。紫夫人の手もとで調製された花机いは鹿染めを用いたものであるが、色も図柄も雅味に富んでいた。
源氏物語:38 鈴虫 (新字新仮名) / 紫式部(著)
といって椅子を引擦って来ると、加十にピッタリと寄り添うようにして坐り、銀の小さなフォークで生蠣殻の剥身を突刺し滴の垂れるやつを
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
成程不審道理の事實は我等が大病なりと手紙にしは虚言なり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
さあはれとねれば、令孃微笑みながら、、お約束なるににてはよ、ごむ人形げまじとをふるに、れでも姉樣この大切のにて
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
稻草空地めることが一でもかなればそれだけ餘計報酬晩秋收穫へるからとへて自然百姓體力活動せしめる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
霞気不消連旬雪 霞気さず連旬の雪
礫川徜徉記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)