秋山図しゅうざんず
「——黄大癡といえば、大癡の秋山図をご覧になったことがありますか?」 ある秋の夜、甌香閣を訪ねた王石谷は、主人の惲南田と茶を啜りながら、話のついでにこんな問を発した。 「いや、見たことはありません。あなたはご覧になったのですか?」 大癡老人 …
作品に特徴的な語句
はずか せい 雀躍じゃくやく やぶ 小橋しょうきょう 黄金おうごん 人間じんかん ぜん かん 石谷せきこく 家蔵かぞう 小厮しょうし きわ 紅葉こうよう いまだ がえん たなごころ 一幀いっとう なか にわとり 今日きょう 白雲はくうん 元朝げんちょう 食客しょっかく 顔色かおいろ 青緑せいりょく 午過ひるす あいだ 鑑識かんしき 焦慮しょうりょ いつ しお まばた つか そと 天造てんぞう おく 子規ほととぎす 秋山しゅうざん 稀代きだい たず らん のち ひま 春風しゅんぷう にく 華麗かれい おう ななめ 憂色ゆうしょく おのずか 所々しょしょ 留守るす 龍翔りょうしょう うと かん 癡翁ちおう 白眉はくび 皴点しゅんてん さかん まゆ 看尽みつく 真蹟しんせき しゅ 神品しんぴん 神手しんしゅ 神気しんき 神逸しんいつ わたし うかが 第宅ていたく 筆墨ひつぼく まぎ 素壁そへき 紫檀したん から むれ 翠黛すいたい さわ おど 遊歴ゆうれき 遜色そんしょく 遠近おちこち 金閶きんしょう 銅檠どうけい 鋪甎ほせん とざ 鑑裁かんさい けみ ひげ