“癇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かん97.8%
しやく0.7%
0.7%
コーラー0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに離屋にゐる先のお内儀のお直さんも死んだことだし、少しはたしなめと言つたのが、ひどくお近さんのにさはつた樣子で——
「放つて置くが宜い。——皆んな泣いて居るのに、じろ/\家の中を睨み廻されちや、に障つてはない」
やま「もしあなた、一杯お酒をけましたから召上りませんか、お医者様も少し位召上ってもりには成らないと仰しゃりますから、一口召上りまして」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
サン いやさ、るが最後、すぐにもッこいてくれようといふンぢゃ。