“癇筋”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かんすぢ66.7%
かんすじ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“癇筋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかし兄さんの惣兵衛ちやんは、ミツちやんがちよつとでも弓に手を触れると、癇筋かんすぢを立ててがなるのであつた。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
厭世哲学者はそれを聞くと、額に癇筋かんすぢをおつ立てて、苦り切つた顔をした。
癇筋かんすじをたてながらひょいと敬四郎が足もとをみると、坂の曲がりかどの、青葉が暗くおい茂った下に、小さなこも包みがあるのです。
右門捕物帖:30 闇男 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)