良寛物語 手毬と鉢の子りょうかんものがたり
良寛といふ名前の坊さんが、今から百五十年ぐらゐ前に住んでゐた。この本にはその坊さんのことが書いてある。 君達の中には、西郷隆盛や、乃木大将や、ナポレオンや、ジンギスカンなどの本を読んだ者があるだらう。 …
作品に特徴的な語句
無駄むだ 越後ゑちご 海月くらげ 石燈籠いしどうろう 閻魔えんま 夕闇ゆふやみ あま しば 伊勢いせ 撞木しゆもく 寵愛ちようあい あかね 檀家だんか 蜜蜂みつばち 土堤どて 訊問じんもん わく 飢饉ききん 効目ききめ 田螺たにし 人参にんじん 御法度ごはつと 天秤棒てんびんぼう 追々おひおひ かき 蒟蒻こんにやく 鼻唄はなうた 紙鳶たこ 無慚むざん 居睡ゐねむり 貝殻かひがら 探索さぐり 後姿うしろすがた ほたる 他家よそ 谿たに ひわ 唐天竺からてんぢく 桐油とうゆ 熊野くまの 鍛冶かぢ いかり 一群ひとむれ 佐渡さど かや 馬蹄ばてい 泥棒どろぼう きね わに 賽銭箱さいせんばこ 襟巻えりまき 魚籠びく りん 落葉おちば 下唇したくちびる くぢら 合歓ねむ 茱萸ぐみ 摺鉢すりばち たん 突慳貪つつけんどん 酒樽さかだる 日頃ひごろ つくゑ 味噌汁みそじる かめ 手毬てまり 牝鶏めんどり 雲水うんすゐ 冷飯ひやめし 酒代さかて 張合はりあひ じゆく 理屈りくつ 一艘いつさう 境涯きやうがい 旅商人たびあきんど 茶釜ちやがま 金巾かなきん 牡牛をうし 煙草入たばこいれ あし 急足いそぎあし 風呂敷包ふろしきづつみ 歳月としつき 知合しりあひ 雪解ゆきどけ 四斗樽しとだる たこ かれひ さばき 備中びつちゆう 羽搏はばた まァめ くしやみ 御厄介ごやくかい 桂川かつらがは 高野山こうやさん