良寛物語 手毬と鉢の子りょうかんものがたり
良寛といふ名前の坊さんが、今から百五十年ぐらゐ前に住んでゐた。この本にはその坊さんのことが書いてある。 君達の中には、西郷隆盛や、乃木大将や、ナポレオンや、ジンギスカンなどの本を読んだ者があるだらう。そしてさういふ子は、本といふものは、人間 …
作品に特徴的な語句
シン ちつと たら 和尚をしよう おこなひ かをり をしへ うは ぢき 微笑ほほゑみ こォこの しやが 身上しんしよ よひ なごや はづか りやう ぎやう きつ 微笑ほほゑ きらひ ぱじま 機会をり さけ いと さばき 一時いつとき 居眠ゐねむり かかは ひらめき かたはら 腫物でき かつ あらは ゆるし 上手うま しも たづ 乞食こも あらそひ をしへ とつ さァと 相応ふさは はな はづ ことわ まァめ 一斉いつせい 往復ゆきき 悠々いういう あは なつか 戯謔おどけ ひろ 故郷こきやう 大寺おほでら あたたか ぢい さはや くしやみ うたがひ なほ ちぢみ 可哀かはい かへ 落着おちつき かへる にほひ めえ 公卿くぎやう 追々おひおひ つぶら 鐘楼しようろう 何方どなた ほほ かご 京都きやうと 饅頭まんぢゆう かんがへ 居睡ゐねむり つひ 周囲まはり たち 俺達おらたち ちげ あを おら 醤油しやうゆ ねむり 甲斐かひ あを はなれ あはれ 使つかひ