“かゝ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
16.1%
11.1%
10.5%
9.4%
8.3%
6.4%
5.1%
3.8%
3.6%
3.4%
2.4%
2.3%
2.1%
1.7%
1.5%
1.3%
1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
呵々0.8%
0.8%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
女房0.2%
0.2%
媽々0.2%
家々0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
着手0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
關係0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此返事いて、むつとつた。頭巾剥出して、血色頸元ると後退もしない。またいてた。
これは眞直眞四角たもので、およそ材木ようといふには、が八五日あまりもらねばならぬとく。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
門野一寸其様子をきにたが、代助の平生を知つてゐるので、言葉も掛けず、椅子にけてある羽織丈をへてて行つた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
にもわらず虎口を脱したのは、憎まれる半面にそれだけ惜しまれてもいたのであろうが、一つには彼の気転と才智とに依るのである。
一度クロープ性肺炎にり発熱して血痰が出たりした時、女が私に内証で国許に報じ、父が電報で上京の時間まで通知して来たが
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
半次郎が雨の怪談に始めておの手を取つたのも矢張る家の一間であつたらう。長吉ともへぬ恍惚悲哀とを感じた。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
理性のこれについて知るところは我皆汝に告ぐるをう、それより先は信仰にはる事なればベアトリーチェを待つべし 四六—四八
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
内外火山巡見した場合記事げていたが、諸君兩方比較せられたならば、國内火山作用してかであつて
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
「ね、若旦那、打ちあけて言つて下さい。これは大事の事だ。人間の眼玉幾つにもはる上に、何萬兩といふ夜光石にもかゝはります」
白い洲の上流は、河になつてゐると見えて、高い堤の上に、珍しい程メカニックな大きい吊橋がアーチのやうにつてゐた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
今日までろくに口もきかないが、其様なに私が気に入らなければ、おさんに話を附けて貰って離縁状を書いて下さいよ
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「西さんそこへと飛んで來て、何をするかと見てあれば、高天原ずまり、の腹に子がやどる。……」
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
る田舍の習慣で、若い男は、忍んで行く女の數の多いのを誇りにし、娘共も亦、口に出していふ事は無いけれ共、通つて來る男の多きを喜ぶ。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
上下から小袖まで相当のものを買調えなければなりません、けれども若旦那のお買物に多分にりますので、自分の支度金どころではありません
參詣人へも愛想よく門前の花屋が口惡るも兎角の蔭口を言はぬを見れば、着ふるしの裕衣、總菜のお殘りなどおのづからの御恩も蒙るなるべし
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それからその一家の経済的窮状や、死活問題のっている鉱山の話などしながら、次ぎ次ぎに運ばれる料理を食べていた。
挿話 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
その成金の一人に、神戸に上西亀之助氏がゐる。加減がいだけに金のるものならどんな物でも好きだが、たつた一つ自動車だけは好かない。
『だつて、校長先生、人の一生の名誉にはるやうなことを、左様迂濶には喋舌れないぢや有ませんか。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
独りで嬰児へて居る人とか——まだ何処へもがずに長唄の稽古に通つて居る人とか——医者のに雇はれて、立派にして町を歩いて居る人とか——
出発 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
え、え!冐險談き』つてグリフォンは焦心ッたさうに、『説明なンて、時間ばかりつて仕方がない』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
迂生昨年五月以来、一晩も欠かさず冷水浴を継続致居り候為めか、身体の工合致つてしく、明けて四十二歳になるが人々にはどうしても三十五歳にしか見えぬ由に候。呵々
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
一条山径草深くして、昨夕の露なほ葉上にのこり、ぐる湿れがちに、峡々を越えて行けば、昔遊の跡歴々として尋ぬべし。
三日幻境 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
これより旬日までは、前田加賀守治脩公毎朝すことなく禮拜なしふに、寂寞たるに、金城蒼生りて、彌望極顧活色なく、鍛冶屋にて
鉄槌の音 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
満座の中で恥をせやうとしたりするので、煩いから彼は相手にしなかつたまでゞある。
小川の流れ (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
立て今日御奉行樣がお秀を取戻して遣はすと仰せられた故離縁状は何樣してもずと云ふに番頭久兵衞は甚だ然樣なる事を云はれたとて離縁状を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
真蒼で、血走り、びたつて、冠物なしに、埃塗れの薄汚れた、処々れた背広て、足袋もない素跣足で、歩行くのに蹌踉々々する。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
情無い此我はよと、羨ましいがつひじて女房にも口きかず泣きながら寐ました其夜の事、五重塔を作れ今直つくれと怖しい人に吩咐けられ
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
折角丹誠に丹誠凝らして、定めし冷て寒からうに御寝みなされと親切で為て呉るゝ女房の世話までを、黙つて居よ余計なと叱り飛ばして夜の眼も合さず、工夫に工夫を積み重ね
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
れ、主の如く磔刑に。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
馬鹿だといふものやら、番小屋媽々此奴うかしてらあ、といふものやら、だ。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
金銀珠玉め、喬木高樓家々き、花林曲池戸々穿つ。さるほどに桃李にして竹柏く、しくる。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
妹婿が商法上の失敗から、夫婦して湯村の家へつてから最う三月近くになる。
茗荷畠 (新字旧仮名) / 真山青果(著)
してれから閑靜書齋つて……名醫つて頭痛療治でもらつたら、しいはもうこの人間らしい生活ないが、にしても此處不好だ。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
風呂敷包をへながら紙問屋の店頭まで行きますと、そこに居る番頭が直ぐ私を見つけまして、小僧にそれと知らせたものです。
目科も何やら余にりを求めんとする如く幾度と無く余を招きて細君と共々に間食に又夜にりてはさず余を「レローイ」珈琲館まで追来り共に勝負事を試みたり、くて七月の一夕
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
し血がりてらは而已ならず或は又はなどへもるべきに何ぞばかりに引べきや此儀合點ずシテ其猿島川より寶田村迄道程何程有やと聞るゝに伊藤卅町程の道程なりとふれば大岡殿道程の有所にて人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
稲つけば、る我が手を 今宵もか 殿の若子がとりてなげかむ
歌の円寂する時 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
大佐閣下餘程からはあつたので、すでに製圖まで出來るのだが、海底戰鬪艇がしいので、ける出來ず、竣成製造着手らうとしやつてるのだが
或時は主人の店火災にりし為め余の働口一時途切れ、加ふるに去月十日より風邪の気味にて三週間ばかりぶらぶらし、かた/″\な事これなく候。
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
につゝみ女中一人の女中三人捨子とし給ふ加納將監は乘物せ行き直樣ひ上乘物にて我家へ歸り女房にしてひ奉つりぬ加納將監は本高六百石なるが此度二百五十石を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
大抵男子二人、若くは女子二人なるが、ねる如き早足にて半圈に動き、その間手をも休むることなく、羅馬人に産れ付きたる、しなやかなる振をなせり。女子は裳裾ぐ。
鮎をけてゐるのであらう、編笠を冠つた背の高い男が、腰まで水に浸つて頻りに竿を動かしてゐる。種鮎か、それともつたのか、ヒラリと銀色の鰭が波間に躍つた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
そこねもして愛想づかしのにもならばはぬにらさぞかしさまこそ無情ともに二不孝らねど父樣さませらるゝとも他處ほかの良人べき八重一生良人たずとふものからとはりて關係はることなく心安かるべし浦山しやと浦山るゝ
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
飛簷傑閣隙間なく立ち並びて、そのなきこと珠玉の如く、その光あること金銀の如く、紫雲棚引き星月れり。にこの一幅の畫圖の美しさは、譬へば長虹をちてこれをりたる如し。