“記事”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きじ81.0%
だね9.5%
こと4.8%
タネ4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのうちに、ツェッペリンは、出発したのでした。そして、その、その記事が、はやくも無線電信で、新聞報告せられました。
おばあさんとツェッペリン (新字新仮名) / 小川未明(著)
有力な新聞記事にすべく、アラユル努力を払った訳でしたが、その苦心努力の甲斐があって、首尾よく私が意識を回復してみますと……三度ビックリ……案外千万にもその私が
キチガイ地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
『新聞を?』と校長は不思議さうに丑松の顔を眺めて、『へえ、何か面白い記事でも有ますかね。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
コイツは何か記事になりそうだ……と思ったから……すると運転手も何か心得ているらしく、行先も聞かないままスピードをだして、一気に数寄屋橋を渡って銀座裏へ曲り込んだ。
冗談に殺す (新字新仮名) / 夢野久作(著)