冗談に殺すじょうだんにころす
私は「完全な犯罪」なぞいうものは空想の一種としか考えていなかった。丸之内の某社で警察方面の外交記者を勤めて、あくまで冷酷な、現実的な事件ばかりで研ぎ澄まされて来た私の頭には、そんなお伽話じみた問題を浮かべ得る余地すら無かった。そんな話題に熱 …
作品に特徴的な語句
すく ごく 記事タネ 唾液つばき はず ゆわ 老獪ずる 見透みす 退 何故なにゆえ 凝然じっ 凝視ぎょうし 処々しょしょ わたし いや たくみ 平生いつも のち おこ かか まず かな 最早もう 欄干てすり ほと 浅薄あさはか 痕跡あと くさ 臭気しゅうき 虎斑とらぶち 退 道伴みちづ ひら 首肯しゅこう 馴染なじ 一寸ちょっと かね また 以前もと 仰有おっしゃ 伽話とぎばなし 何故なぜ くど かぶ 冤罪えんざい 凱歌がいか 刹那せつな いか 古刃ふるは 可笑おか 吠面ほえづら いな 呼吸いき 呼鈴よびりん 咽喉のど 唾液つば ささや とら ふさ ほか 女将おかみ 如何いか 媾曳あいびき へや むし 尚更なおさら 崩壊ほうかい うま ゆる あと 恢復かいふく 恰好かっこう 悠々ゆうゆう 悶死もんし あわ 手繰たぐ 拍子ひょうし 接吻せっぷん 明日あす 明瞭めいりょう 昨夜ゆうべ