“鍛冶屋”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かじや83.8%
かぢや16.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鍛冶屋”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究13.6%
文学 > フランス文学 > 小説 物語7.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)1.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
鍛冶屋かじやのとんてんかんというあの音は好きらしい。蓄音器のレコードにあるじゃないか。“森の鍛冶屋”というのがね」
恐竜島 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「それはぞうさもないことだ。すぐに鍵をこしらえさせよう。」と言って、急いで上手な鍛冶屋かじやをおよびになりました。
黄金鳥 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
鍵をあづかつてる人は、前の街道を一二ちやう行つたところの、鍛冶屋かぢやの隣の饅頭屋まんぢうやであつた。
父の墓 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
鍛冶屋かぢや丁々てう/\ふもさらなり、みづ汲上くみあぐる釣瓶つるべおとはたおと
鉄槌の音 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)