“油汗”の読み方と例文
読み方割合
あぶらあせ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
耳は火のようにほてり、鼓動は高鳴り、電鍵を握る指端にはいつの間にかシットリと油汗み出ていました。
壊れたバリコン (新字新仮名) / 海野十三(著)
彼の郷里熊本などは、昼間は百度近い暑さで、夜も油汗が流れてやまぬ程蒸暑い夜が少くない。蒲団なンか滅多に敷かず、一枚で、真裸に寝たものだ。此様でも困る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
品子は、全身油汗にまみれて、恐る恐る寝返りをした。そして、庭に面したガラス窓を見た。
妖虫 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)