唐模様からもよう
惟ふに、描ける美人は、活ける醜女よりも可也。傳へ聞く、漢の武帝の宮人麗娟、年はじめて十四。玉の膚艷やかにして皓く、且つ澤ふ。たきもしめざる蘭麝おのづから薫りて、其の行くや蛺蝶相飛べり。蒲柳纖弱、羅綺にだも勝へ難し。麗娟常に身の何處にも瓔珞を …
作品に特徴的な語句
ひとと いとけ ひざまづ おほせ ひとも たゞ たゞち しゆ こしもと いき かう ぢよ こたへ しりへ たわゝ そう たう くわん 歩行あゆむ むらがり かうべ あまね しろき かう ゑん おほい まを まをし たぐ 跪坐ついゐ きやう かぞ 不可ふか ぐわん くじ ふかく おのづ あかき ばう よつ 女子ぢよし 如何いかに しうと はゞかり たゝかひ かたはら いづ きよく 京都けいと きは つるべ 此家このいへ つか 疾病やまひ 一個いつか ひそか なんぢ 僅少わづかに とゞ ひそか まよひ 常人じやうじん まへ いたづら 家々かゝ いだ うるほ せい はぢ てう 一夕ひとばん この かへ いま さふら よそほひ おび をしへ しやう やはら 武者むしや ぜつ もつとも 醜女しうぢよ がい ほつ ひとつ ほしいまゝ いへ かんばせ いさゝか