唐模様からもよう
惟ふに、描ける美人は、活ける醜女よりも可也。傳へ聞く、漢の武帝の宮人麗娟、年はじめて十四。玉の膚艷やかにして皓く、且つ澤ふ。たきもしめざる蘭麝おのづから薫りて、其の行くや蛺蝶相飛べり。蒲柳纖弱、羅綺に …
作品に特徴的な語句
近頃ちかごろ 其時そのとき まこと もゝ 瑪瑙めなう 鬼魅きみ 言下げんか かめ みどり 張子はりこ 島田髷しまだまげ 空蝉うつせみ まく 片手かたて ほこ ひろ 島田しまだ うめ おく かつら かね 庭前ていぜん 先手せんて いと 愁眉しうび のき 中空なかぞら 或時あるとき 京師けいし 五色ごしき 追剥おひはぎ くに つか 目白めじろ 霏々ひゝ しめ みだ 夜明よあ 如意によい えん 僅少わづかに 舞妓ぶぎ あつま とみ 瓔珞やうらく 水晶すゐしやう つた 喬木けうぼく すもゝ みちび 日月じつげつ あまね ぢん 駿馬しゆんめ 結構けつこう つく 恥辱はぢ 千里せんり 端坐たんざ 蘭麝らんじや 衣冠いくわん 遼東れうとう 佳人かじん 大風たいふう 屹然きつぜん ゑん 黒白こくびやく 一夕ひとばん 一物いちもつ 外戚ぐわいせき 飜然ひらり したが 打棄うつちや せい 斯道しだう 非常ひじやう 取出とりい たい つゞ まめ 逸物いちもつ 錦繍きんしう 珠玉しゆぎよく ばん 立居たちゐ 靉靆たなび せい とざ 金銀きんぎん ちよう 天下てんか 抱負はうふ あげ