“兒”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
76.2%
11.9%
ちご7.1%
ミコ2.4%
2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
皆樣は、其樣にあの可愛がつてさつたのですか。御禮言葉もございません。』とのやうなる微※えて
「十歳の時引取られたのは本當ですが、お夏は先々代の姪の子なんかぢやなくて、あれは三年前に亡くなつた佐渡屋の主人源左衞門のだつたと聞いたら、親分はどう思ひます」
しき夫人むかへひぬともらしきふとものつらさがるゝぞとてほろ/\と打泣けばお八重かなしく
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
栲幡千々姫萬幡姫命、火之戸幡姫千々姫命など有を、姫兒をつゞけて一ツノ名とせられ
倭女王卑弥呼考 (旧字旧仮名) / 白鳥庫吉(著)
なしとも、から設得んと。せるなりて荊州刺史となるや、海船り、商賈財寶追剥して、すことなし。衞尉す。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)