“竹柏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なぎ77.8%
ちくはく22.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
櫟は月曜日の午前、魂の張切つた一瞬に産み落したものらしい。竹柏は夕暮の歌であらう。馬酔木は折節の独り言かも知れぬ。
森の声 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
手水鉢の向うの南天と竹柏の木とにだいぶ積って、竹柏の木の方は飲み過ぎたお客のように、よろけて倒れそうになっていた。
心中 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
春三月に竹柏会の大会が、はじめて日本橋倶楽部で催されたおりにはっきりと楠緒女史はあの方だと思ってお目にかかりました。
大塚楠緒子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
金銀珠玉め、喬木高樓家々き、花林曲池戸々穿つ。さるほどに桃李にして竹柏く、しくる。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)