“竹柏:ちくはく” の例文
“竹柏:ちくはく”を含む作品の著者(上位)作品数
長谷川時雨1
泉鏡太郎1
泉鏡花1
“竹柏:ちくはく”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さるほどに桃李たうりなつみどりにして竹柏ちくはくふゆあをく、きりかんばしくかぜかをる。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
春三月に竹柏ちくはく会の大会が、はじめて日本橋倶楽部くらぶで催されたおりにはっきりと楠緒女史はあの方だと思ってお目にかかりました。
大塚楠緒子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)