途上とじょう
六里の山道を歩きながら、いくら歩いても渚の尽きない細長い池が、赤い肌の老松の林つゞきの中から見え隠れする途上、梢の高い歌ひ声を聞いたりして、日暮れ時分に父と私とはY町に着いた。其晩は場末の安宿に泊り翌日父は私をY中学の入学式につれて行き、そ …
作品に特徴的な語句
づつ はづ 首肯うなづき 便所せんち おのづ いぢ にほ およ なんぢ つか きは 冷嘲れいてう たゝ しうと ごゑ ぎは のぞき かん さは 懲戒ちようけい 悚然しようぜん そり はづ 顛倒てんたう 音調アクセント あらは かゝと かつ たづ かを 臥床とこ いさゝか 羞恥しうち 素地きぢ むな 甲斐がひ あせ あば 斯様かやう さし かゝ あるひ なつか 容貌ようばう 執拗しつえう 鼻腔びかう ほゝ つひ はしや さは 蘇生よみがへ 蒼白あをじろ 耳朶みゝたぶ とざ つゞ わざはひ 硬張こはゞ またゝ うづ 由緒ゆゐしよ 猪口ちよく 熱灰あつばひ 焦燥せうさう 温順おとなし 渦巻うづま 気忙きぜは 杓子しやくし 敏捷びんせふ あが 拍手かしはで あはれ 悔悛くわいしゆん 性懲しやうこ こは あなが 巴投ともゑな おのれ 左様さう けは 嫉妬しつと 大兵だいひやう 嘲弄てうろう 吩咐いひつ にはか 仰付おほせつ すぐ いたは 信義すんぎ たゝず だけ まう 傍目はため 点心てんじん 瀟洒せうしや 洒落しやれ 消魂けたゝま 先刻さつき
題名が同じ作品
途上 (新字新仮名)谷崎潤一郎 (著)