“緘”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つぐ71.2%
かん14.1%
とざ7.1%
2.7%
1.6%
から0.5%
おど0.5%
しま0.5%
ふう0.5%
ふさ0.5%
むす0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それを見ると弟はきゅうに口をんで、彼女を放っておいてどんどん先へいった。弟の胸の中に不満と淋しさがれ上っていたのだ。
青草 (新字新仮名) / 十一谷義三郎(著)
しかし、こう話を向けられても、人々は苦々と口をしたきりだった。——とはいえ、それほどな張清でも、ける鬼神ではない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
平次にまれて、ガラッ八は危うく口をしました。放っておいたら——こいつア大笑いだ——とでも言ったことでしょう。
「勝手が判らなくってまごまごしているのは可哀想と思うたから……。」と言いかけて氏は堅く口をじて鋭い目で前方をんでいた。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
家持は忙てゝ、資人の口をめた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
上て引せけるに曲者はぞと思ひ滑々と引出す處を半四郎は寢返りをする體にて曲者の股間み足をみて締付けるに大力無雙の後藤に付られて曲者はを云事もはず
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
朝鮮しの金モール燦然たる飴売り服や、四角八面のフロックコートを一着に及んで、左様然らばの勲何等を吹かせるのが、どう考えても吾輩の性に合わなかったんだね。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
までくはないが、骨太肉附い、丸顏きなれ、り、柔和威嚴のある容貌で、生徒しんでました。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
三人とも口をじられた。どしんと大きな沈黙を横たえられた感じだった。お婆さんは眼を開いて弥平のれた淋しい顔に視線を据えていたが、それも長くは続かなかった。
蜜柑 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
M氏はいないと思うのであろう。私はその点については口をぐ。しかし見回す限りにおいて人間はあまりに小さく醜い。人間はいかに大きく見えても人間としての卑しさと弱さと醜さをもっている。
愛と認識との出発 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
我心はみたれど我舌はぼれたりき。フエデリゴ打興じて曰ふやう。此男は一の明珠なり。その一失は第二のヨゼツフたるにあり。