“緘黙行”のいろいろな読み方と例文
旧字:緘默行
読み方割合
しじま33.3%
しゞま33.3%
シジマ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此は勿論、貴族の家庭では、出来ぬになって居た。なっては居ても、物珍でする盛りの若人たちには、口をいで緘黙行を守ることは、死ぬよりもつらいであった。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
なつて居ても、物珍でする盛りの若人たちには、口を塞いで緘黙行を守ることは、死ぬよりもつらいであつた。刀自らの油断を見ては、ぼつ/\話をしてゐる。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
此は勿論、貴族の家庭では、出来ぬ掟になつて居た。なつては居ても、物珍でする盛りの若人たちには、口を塞いで緘黙行を守ることは、死ぬよりもつらいであつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)