“緘默行”の読み方と例文
新字:緘黙行
読み方割合
シヾマ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なつては居ても、物珍でする盛りの若人たちには、口を塞いで緘默行を守ることは、死ぬよりもつらいであつた。刀自らの油斷を見ては、ぼつ/″\話をしてゐる。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
なつては居ても、物珍でする盛りの若人たちには、口を塞いで緘默行を守ることは、死ぬよりもつらいであつた。刀自らの油斷を見ては、ぼつ/″\話をしてゐる。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)