“しじま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シジマ
語句割合
静寂45.9%
沈黙22.5%
沈默6.3%
寂寞5.4%
無言4.5%
2.7%
靜寂2.7%
緘黙1.8%
静寂間1.8%
寂莫0.9%
寂間0.9%
寂黙0.9%
緘黙行0.9%
進起0.9%
閑寂間0.9%
静謐0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それが朝の静寂を作る色んな物音をピョッピョッピョッピョッと超越し威嚇しつつ、市街らしい辻々をあっちへ曲り、こっちに折れつつ
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
三度凄まじい掛け声が起こり続いて矢走りと弦返りの音が深夜の沈黙突裂いたがやはり多右衛門の笑い声が同じような調子に聞こえて来た。
日置流系図 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ふりつもる「時」の沈默にうづもれてゆる昨日よ。
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
非常を報ずる鉄斎道場の警板があけぼのの里の寂寞を破って、トウ! トトトトウッ! と鳴りひびいた。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
刻んだ菜や、水を与えられると、籠の目を透くレモン色の小さい姿が激しく動くのが見え、田舎家の午前の無言の静けさは銀の蚤でもすように急に品よく可愛らしくざわめき立ちました。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
○御茶の水橋下流に至るまでの間は、扇頭の小景には過ぎざれども、しかもまた岸高く水りて、樹木鬱蒼、幽邃閑雅の佳趣なきにあらず。往時聖堂文人によりて茗渓と呼ばれたるは即ち此地なり。
水の東京 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
だが、山は、一時の騒擾から、元の緘黙に戻ってしまった。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
この、ものなお澄が、しく言葉を投げて立った、と思うと、どかどかどかと階子段を踏立てて、かかる夜陰をらぬ、音が静寂間湧上った。
鷭狩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
酷薄の、これな寂莫にほとぶなり……
山羊の歌 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
そして私は苛々としてその寂間を待つのであつたが、生憎このあたりは奇峭な岩ばかりの渚で、その間を縫ふて引き寄せる波が、恰も人の囁きにも似るかのやうに一勢に小石を転がし
若い漁師は寒そうに首をめて、覚えずこう呟こうとして、そのまま口を噤んでしまった。少しでも声を立てて深い寂黙を破るのが、何だか気味悪く感じられたのだ。
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
此は勿論、貴族の家庭では、出来ぬになって居た。なっては居ても、物珍でする盛りの若人たちには、口をいで緘黙行を守ることは、死ぬよりもつらいであった。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
かれ匍匐進起ひて、庭中に跪ける時に、水潦二五腰に至りき。その臣、著けたる青摺二六たりければ、水潦紅き紐に觸りて、青みなになりぬ。
……これを見ると、ましいか、の蔭から、むくと起きて、脚をひろげて、もう一匹よちよちと、同じような小狗は出て来ても、村の閑寂間か、棒切持った小児も居ない。
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
民家の群れは月光を浴びて、いやがうへにも白々と輝やき、低い壁が闇のなかに一際くつきりと浮かび出る。歌声も杜絶え、すべてが寂とした静謐にかへる。