“しじま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シジマ
語句割合
静寂45.4%
沈黙23.1%
沈默5.6%
寂寞5.6%
無言4.6%
2.8%
靜寂2.8%
緘黙1.9%
静寂間1.9%
寂莫0.9%
寂間0.9%
寂黙0.9%
緘黙行0.9%
進起0.9%
閑寂間0.9%
静謐0.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と折竹は暫く黙っていた。あれ以来、ますます人相にも奸黠かんかつの度を加えてきた、セルカークをあわれむようにながめている。ただ、氷河の氷擦が静寂しじまを破るなかで……。
人外魔境:10 地軸二万哩 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
この時、庭の方から、わだちでもきしるような、キリキリという音が、深夜の静寂しじまひびでも入れるかのように聞こえて来た。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ただ時をり犬の遠吠えが束の間だけ沈黙しじまを破るのみで、酔ひしれたカレーニクはなほも自分の家をさがしながら、寝しづまつた往来を長いあひだうろつき𢌞つてゐた。
三度みたび凄まじい掛け声が起こり続いて矢走りと弦返りの音が深夜の沈黙しじま突裂つんざいたがやはり多右衛門の笑い声が同じような調子に聞こえて来た。
日置流系図 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
空氣が動き、萬象の沈默しじまが破れた。
宿命 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
沈默しじま』のあぐむもりならじ。
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
たとふれば寂寞しじま
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
今ぞ世は驚かれぬるパン神の領かたまたま堪へぬ寂寞しじまに。
短歌 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
おい。無言しじまの勤めも此までじゃ。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
夢も通はぬとほつぐに、無言しじまつぼね奥深おくふかく、
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
川に沿ふて上ることしばらく、両岸の山あひしじまり、渓せまく、煙しづかにして、瀬のおといよ/\たかし、南山の里に入れば緑なるをかの上に皇后の祠を拝するの厳かなるを覚ゆ。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
かかる靜寂しじまをことならば、
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
緘黙しじまを破って、かえってもの寂しい、乾声からごえが響いた。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
音なく声なき雪の緘黙しじま
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
誰の口からともなく、一時に出た叫びである。山々のこだまは、驚いて一様に、忙しく声を合せた。だが、山は、たちまち一時の騒擾そうじょうから、元の緘黙しじまに戻ってしまった。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
妙に、日の静寂間しじまだったと見えて、人の影もない。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
この、ものしずかなお澄が、あわただしく言葉を投げて立った、と思うと、どかどかどかと階子段はしごだんを踏立てて、かかる夜陰をはばからぬ、音が静寂間しじま湧上わきあがった。
鷭狩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
酷薄の、これな寂莫しじまにほとぶなり……
山羊の歌 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
波と波とが砕け散つて、さらさらとする合間に聞きとらなけれはならなかつたのであるが、そして私は苛々としてその寂間しじまを待つのであつたが、生憎このあたりは奇峭な岩ばかりの渚で、その間を縫ふて引き寄せる波が、恰も人の囁きにも似るかのやうに一勢に小石を転がし
若い漁師は寒そうに首をすくめて、覚えずこう呟こうとして、そのまま口を噤んでしまった。少しでも声を立てて深い寂黙しじまを破るのが、何だか気味悪く感じられたのだ。
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
なっては居ても、物珍ものめでする盛りの若人たちには、口をふさいで緘黙行しじまを守ることは、死ぬよりもつらいぎょうであった。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
かれ匍匐はひ進起しじまひて、庭中に跪ける時に、水潦にはたづみ二五腰に至りき。
……これを見ると、うらやましいか、おけの蔭から、むくと起きて、脚をひろげて、もう一匹よちよちと、同じような小狗こいぬは出て来ても、村の閑寂間しじまか、棒切ぼうきれ持った小児こどもも居ない。
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)