“しじま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シジマ
語句割合
静寂45.2%
沈黙23.1%
寂寞5.8%
沈默4.8%
無言4.8%
2.9%
靜寂2.9%
緘黙1.9%
静寂間1.9%
寂莫1.0%
(他:6)5.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
掛け声、手拍子、足踏みの声、そうして音頭取りの美しい声! それが山谷に木精こだまして、深夜の静寂しじまを振るわせる。……
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
蜩の声は、壮年期の弔歌ちょうかに聞え、都を中心とする時の潮鳴りが、山の静寂しじまとは逆に、心へ底波を打ってくる。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
句の表現するものは、夏の炎熱の沈黙しじまの中で、地球の廻転する時劫じこうの音を、牡丹の幻覚から聴いてるのである。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
私はその痛みの行衛ゆくえを探すかのように、片手で頭を押えたまま、黄色い光線と、黒い陰影かげ沈黙しじまを作っている部屋の中を見まわした。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
非常を報ずる鉄斎道場の警板があけぼのの里の寂寞しじまを破って、トウ! トトトトウッ! と鳴りひびいた。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
城寨とりでの山々は急に湖のような寂寞しじまになっていた。跫音あしおともさせぬ静かな一すじの列が、水の流るるように、総門のほうからここへ上って来るのが見えた。
日本名婦伝:大楠公夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ふりつもる「時」の沈默しじまにうづもれてゆる昨日きのふよ。
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
旅人の 年老いて疲れた心の 沈默しじまの憩ひ
憩ひ (旧字旧仮名) / 三好達治(著)
「じゃ一つ、僕も俳句を作ろうかな。」と久慈は云ってオールを廻しながら、「えーと、ブロウニュの、滝も無言しじまを破りおり。どうです東野さん。」
旅愁 (新字新仮名) / 横光利一(著)
夢も通はぬとほつぐに、無言しじまつぼね奥深おくふかく、
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
かさなる水のしじまって行く、こうべの上には、山城やましろ屏風びょうぶと囲う春の山がそびえている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
○御茶の水橋下流に至るまでの間は、扇頭の小景には過ぎざれども、しかもまた岸高く水しじまりて、樹木鬱蒼、幽邃ゆうすい閑雅の佳趣なきにあらず。
水の東京 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
底深い群青色ぐんじやういろの、表ほのかにいぶりて弓形に張り渡したる眞晝の空、其處には力の滿ち極まつた靜寂しじま光輝かがやきがあり、悲哀かなしみがある。
靜寂しじまを、つきしろの影青かげあをく、
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
緘黙しじまを破って、かえってもの寂しい、乾声からごえが響いた。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
誰の口からともなく、一時に出た叫びである。山々のこだまは、驚いて一様に、忙しく声を合せた。だが、山は、たちまち一時の騒擾そうじょうから、元の緘黙しじまに戻ってしまった。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
妙に、日の静寂間しじまだったと見えて、人の影もない。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
この、ものしずかなお澄が、あわただしく言葉を投げて立った、と思うと、どかどかどかと階子段はしごだんを踏立てて、かかる夜陰をはばからぬ、音が静寂間しじま湧上わきあがった。
鷭狩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
酷薄の、これな寂莫しじまにほとぶなり……
山羊の歌 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
波と波とが砕け散つて、さらさらとする合間に聞きとらなけれはならなかつたのであるが、そして私は苛々としてその寂間しじまを待つのであつたが、生憎このあたりは奇峭な岩ばかりの渚で、その間を縫ふて引き寄せる波が、恰も人の囁きにも似るかのやうに一勢に小石を転がし
若い漁師は寒そうに首をすくめて、覚えずこう呟こうとして、そのまま口を噤んでしまった。少しでも声を立てて深い寂黙しじまを破るのが、何だか気味悪く感じられたのだ。
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
なっては居ても、物珍ものめでする盛りの若人たちには、口をふさいで緘黙行しじまを守ることは、死ぬよりもつらいぎょうであった。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
かれ匍匐はひ進起しじまひて、庭中に跪ける時に、水潦にはたづみ二五腰に至りき。
……これを見ると、うらやましいか、おけの蔭から、むくと起きて、脚をひろげて、もう一匹よちよちと、同じような小狗こいぬは出て来ても、村の閑寂間しじまか、棒切ぼうきれ持った小児こどもも居ない。
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)