“じゃくばく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
寂寞50.0%
寂莫50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
翁のゆきし後、火はの光を放ちて、寂寞たる夜の闇のうちにおぼつかなく燃えたり。夜更け、潮みち、童らがし火も旅の翁が足跡も永久の波に消されぬ。
たき火 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
楼婢を介して車をだが、深更仮托けて応じてくれ無い、止むを得ず雨をて、寂莫たる長堤をく城内までつけ、藤堂采女玉置小平太云う、藩政時分の家老屋敷の並んでいる
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)