“せきばく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:セキバク
語句割合
寂寞86.5%
寂莫10.1%
寂漠2.9%
寂㝠0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吾人かつて各地に遊びその封建城下なるものを見るに、寂寞たる空壕、破屋、秋草茫々のうちにおのずから過去社会の遺形を残せり。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
その白さは、唯の白さでなく、寂莫とした底の知れないような白さだった。見ているうちに、全身えて来るような白さだった。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
まるで歌壇は寂漠たるもので、ことに後堀河院は二十三で崩御、次の四条天皇は十二で崩御というふうに、歴代お若かったのであるから
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
「絶望と悲哀と寂㝠とに堪へ得られるやうなまことなる生活を送れ」
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)