“抔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
など93.7%
ぱい3.2%
なんぞ1.6%
ぼう1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
されど此は教育ある人なれば、起居振舞のみやびやかなる、いろ/\なる藝能ある、日を同じうして語るべくもあらざるなるべし。
と一ちてたのを、博士れに取出されたので、は一頂戴したと、一クツ/\ひ。
其の座敷をと覗いて見ると、客の坊主がおすみの部屋着を着て、坊主頭に鉢巻をして柱に倚掛って大胡坐をかいて、前にあるのアさ物、鯛の浜焼なぞを取寄せて、それに軍鶏って
四人は一の土にむかって合掌した。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)