“軍鶏”のいろいろな読み方と例文
旧字:軍鷄
読み方割合
しゃも77.4%
しやも17.0%
とうまる1.9%
これ1.9%
タウチー1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ある日見知らぬかみさんが来て、此方の犬に食われましたと云って、汚ない風呂敷から血だらけの軍鶏の頭と足を二本出して見せた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
物好きな傍聴人が、軍鶏蹴合ひを見るやうな気持で会場へぎつしりると、高木氏は例の尾崎氏の吹込蓄音機と一緒に演壇へぬつと出て来る。
見る目にもいまで、ともすればの柳の淡き影さす店頭んで、とさかに頬摺する事のあった、およそ小さな鹿ほどはあった一羽の軍鶏
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
軍鶏を寄越せって謂うんですか。」
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
軍鶏たちが血に飢えているのだ
鮪に鰯 (新字新仮名) / 山之口貘(著)