“坊主軍鶏”の読み方と例文
読み方割合
ぼうずしゃも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ほどなく泰さんに別れると、すぐ新蔵が取って返したのは、回向院前の坊主軍鶏で、あたりが暗くなるのを待ちながら、銚子も二三本空にしました。
妖婆 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
これから両国の『坊主軍鶏』へでも行って昼飯にしようというつもり。
顎十郎捕物帳:13 遠島船 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
それから回向院の表門に近い横町にあった「坊主軍鶏——」こう一々数え立てて見ると、本所でも名高い食物屋は大抵この界隈に集まっていたらしい。
本所両国 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)