妖婆ようば
あなたは私の申し上げる事を御信じにならないかも知れません。いや、きっと嘘だと御思いなさるでしょう。昔なら知らず、これから私の申し上げる事は、大正の昭代にあった事なのです。しかも御同様住み慣れている、この東京にあった事なのです。外へ出れば電車 …
作品に特徴的な語句
さかろ しおら ひきい つか 飾窓ショウウインドウ かわっ うそ づき おびやか ぶく 強面こわおもて 阿母おかあ あかる まぎら 怖々おずおず あざやか 燐寸まっち げん しきみ がら はん まばら とし はず うらみ たい 河岸がし いぶ 気忙きぜ しか 恐怖きょうふ おもむろ しきり まとま すさま 霊顕れいけん 難有ありがと 橋杭はしくい いた ひさし 束子だわし よい 画餅がへい 葭戸あしど 蓮葉はすっぱ 日暮ひぐれ たくみ たきぎ ただ 紙幣しへい じゃ 言伝ことづ おしはか すわ 相間あいま 肝腎かんじん はね つな くく ほころ しぼ 紺絣こんがすり まぎ 箪笥たんす 算盤そろばん 竪川たてかわ うかが やつ あなぐら 甲斐かい 濛々もうもう 無下むげ 無暗むやみ すす りん 爛々らんらん 片唾かたず ねら 狛犬こまいぬ 狼狽ろうばい 猶更なおさら うつつ 瑠璃るり 生憎あいにく 生際はえぎわ 由縁ゆかり 真似まね 神託しんたく 神憑かみがか 碌々ろくろく くだ 睫毛まつげ にら まぶた まなじり あと
題名が同じ作品
妖婆 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)