“軍鷄”のいろいろな読み方と例文
新字:軍鶏
読み方(ふりがな)割合
しやも85.7%
しゃも14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この軍鷄しやもきほへる見れば頸毛くびげさへ逆羽さかばはららげり風に立つ軍鷄しやも
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
軍鷄しやもたけいさぎよし肩痩せて立ちそびえたり光る眼のかど
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
「五羽の軍鷄しやもだつて、人に知らせずにそつと始末するのはむづかしいでせう」
軍鷄しやもの如くに叫べるを聽く。
氷島 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
軍鷄しやものにくきは定九郎か、
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
さういふ中に主婦だけが、軍鷄しゃものやうなキイ/\声で、ポンと膝を叩いたり、煙管を握つた手を振り廻して、誰にも劣らず喋つてゐる。
古都 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)