式部小路しきぶこうじ
日本橋のそれにや習える、 源氏の著者にや擬えたる、 近き頃音羽青柳の横町を、 式部小路となむいえりける。 名をなつかしみ、尋ねし人、 妾宅と覚しきに、世にも 婀娜なる娘の、糸竹の 浮きたるふしなく、情 …
作品に特徴的な語句
覿面てきめん 夜叉やしゃ 鬱憤うっぷん 煙草盆たばこぼん たこ 出雲いずも 御褒美ごほうび 韋駄天いだてん ひよ 旁々かたがた 母娘おやこ きぬた 耳許みみもと 勃発ぼっぱつ 撞木しゅもく あかね 謀叛むほん ざか 掻巻かいまき 鉄漿かね 無躾ぶしつけ 花片はなびら しじみ 芙蓉ふよう ろう 友禅ゆうぜん 大胡坐おおあぐら 蹴出けだ 弥生やよい 一室ひとま 天秤棒てんびんぼう 脂下やにさが 馬士まご 素袷すあわせ 透間すきき 堅気かたぎ 鳶口とびぐち 逗子ずし 手数てかず 生血なまち 猿臂えんぴ 硝子窓がらすまど 腕車くるま 母衣ほろ 海鼠なまこ 直垂ひたたれ 焼酎しょうちゅう 新造しんぞ 名告なの 片頬かたほ みまわ 突当つきあたり 肱枕ひじまくら 蒸籠せいろう 火屋ほや 音羽おとわ ふう 切尖きっさき 垢抜あかぬ 平打ひらうち しゃく 藍微塵あいみじん 駈落かけおち 真平まっぴら 蔵人くらんど 薬鑵やかん 山茶花さざんか 取做とりな 太息といき 膳立ぜんだて 後姿うしろつき もん かつお 串戯じょうだん 可哀相かわいそう 馬丁べっとう 菓子もなか いなびかり 渋団扇しぶうちわ 緋色ひいろ 上框あがりがまち そそ 紺青こんじょう 屑屋くず 庚申塚こうしんづか 艶麗あでやか 風説うわさ 鷲掴わしづか 握拳にぎりこぶし 後毛おくれげ 枝垂しだ 鳩尾みぞおち 七日なのか 水垢離みずごり しころ 薄紅うすくれない 世帯せたい 呵々からから