式部小路しきぶこうじ
日本橋のそれにや習える、 源氏の著者にや擬えたる、 近き頃音羽青柳の横町を、 式部小路となむいえりける。 名をなつかしみ、尋ねし人、 妾宅と覚しきに、世にも 婀娜なる娘の、糸竹の 浮きたるふしなく、情も恋も 江戸紫や、色香いろはの 手習して …
作品に特徴的な語句
めか でやい ささ たた てまえ ひやっ 往来ゆさき はよ くれなる しま 祖父じいさん あり てまえ 上手めいじん ばな みい おびやか あわい 脊負しょい みあし しきり くわし しめ ひろ むかい ぬぎ つむ 私等わっしたち 陶器やき 穿はい こと あっし あらたま がまえ おでこ あし てめえ 大嫌だいきれえ てあい すずし 退しさ じき 艶書つやだね ひま あぶね 打附ぶッつか きまり 光景ようす しら じょ わっし おッ かッ かお いづ ねがわ かな やまい あかり 薄暗うすくらがり 往来ゆきか うしろ 殿どん 下流したながし ひやや つッ いちじ おつ しずま つッ ざかり さみ しゅう 端折ばしょり おっこ おおき 鬼灯ほうずき きもの とおり 供物そなえもの 若衆わかいし いだ なり しめ へえ がん かわ あが