探検実記 地中の秘密たんけんじっき ちちゅうのひみつ 29 お穴様の探検29 おあなさまのたんけん
——大評判の怪窟——探檢の勢揃——失敗の第一日——二日目——迷信家の大氣㷔——大發見?——探檢の本舞臺——最初の入窟者——怪窟の構造——其結果—— 大評判の怪窟※それは、東京と横濱との中間で、川崎から …
作品に特徴的な語句
人足にんそく 其時そのとき 山麓さんろく 小雨こさめ 電車でんしや 窮屈きうくつ まく 片手かたて 土器どき おく あらかじ 折柄をりがら 朧月おぼろつき 見込みこみ 間口まぐち 龕燈がんどう 其他そのた 用事ようじ ぱい 名高なだか こく 持出もちだ つか さら 洋杖すてつき あらた やう じやう 信仰しんかう 疑問ぎもん 飛出とびだ 午前ごぜん 警戒けいかい だん ふで 日頃ひごろ 堆積たゐせき 兩手りやうて しめ 入口いりぐち 希代きたい 役目やくめ 徽章きしやう 本統ほんとう 問題もんだい 張合はりあひ 大變たいへん 新聞しんぶん ちう 身分みぶん 評判ひやうばん 野郎やらう 遺物ゐぶつ 引揚ひきあ 順序じゆんじよ つた 博士はかせ 喚起よびおこ みだ 報知はうち 旗幟はたのぼり 時代じだい 泥水どろみづ とく 窒息ちつそく 非常ひじやう 片足かたあし 取出とりだ つゞ 山越やまごし 線香せんかう 無遠慮むゑんりよ 具合ぐあひ 彼等かれら 説明せつめい 其後そののち ばん 高橋たかはし 以上いじやう さは 出張しゆつちやう 夥多おびたゞ 見定みさだ 澤山たくさん 土方どかた てん 泥土でいど 出羽でば 區別くべつ 地主ぢぬし うつ 意外いぐわい 明治めいぢ 殘念ざんねん つく 腐蝕ふしよく
題名が同じ作品