“腥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なまぐさ76.4%
なまぐ15.5%
なま7.3%
なまにく0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
灣の南方を、町から當面の出島をかけて、蝦蛄の這ふ樣にずらり足杭を見せた棧橋が見ものだ。雨あがりの漁場、唯もうい、腥い。
熊の足跡 (旧字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
すると、かなしいことにお鯉は永平寺の坊さんの、大黒になったというさいを聞いた。おやおやと落胆してしまった。
一世お鯉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
左様した立場から眺めると、如何じい光景でも、如何にぐさい舞台でも、それに相応した内面的背景をへて居ないといふ点に
点頭録 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
※猧児、猫子のわんと欲するか。」
庚娘 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)