一世お鯉いっせいおこい
「そりゃお妾のすることじゃないや、みんな本妻のすることだ。姉さんのしたことは本妻のすることなのだ」 六代目菊五郎のその銹た声が室の外まで聞える。 真夏の夕暮、室々のへだての襖は取りはらわれて、それぞれのところに御簾や几帳めいた軽羅が垂らして …
作品に特徴的な語句
しっ ふけ あったか ひとも いき めま 過去すぎこ どよ たべ あせ 女人おんな じき 老母ばあさん 日常つね 暖炉すとうぶ つら 女房おかみ のど みだ すき 一角いつかど 万事こと 彼女あいつ 筒袖つつっぽ 美貌きりょう なつか っか 尊敬あが 寿ことほ 表書おもてが 女人ひと おも うる 護符ごふう 春日しゅんじつ いで 分明はっきり 喜悦たのしみ どく 志望こころざ うしろ くい たて みそなわ 色彩いろ 短衣ちょっき かか おお 目覚めざめ 夜更よふか いや 暫時しばし かまびす ひど いにし おも 養母おっか うな もら 技芸わざ いぶか 仲間ちゅうげん 老母はは 気風きっぷ のば 寵姫おもいもの 姿なり 直傍すぐそば うちかけ すて おんな すま 平日ふだん 煙管キセル ざわ ひと 先方むこう 目覚めざま ぐし かす 河岸がし のが のち 仕舞しまい 軽羅うすもの ばけ こわ とい こわ とびら 周章あわて 嘲罵あざけり なまぐ