“なまぐさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
65.6%
生臭14.8%
腥膻6.3%
腥臭3.1%
生腥1.6%
腥羶1.6%
醒臭1.6%
生草0.8%
腥物0.8%
腥蕈0.8%
血腥0.8%
魚肉0.8%
魚臭0.8%
魚血0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時は熊の胆の色が少しを含んで、咽喉を出る時がぷんと鼻をいたので、余は胸を抑えながら自分で血だ血だと云った。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
雑炊に禁物なのは、生臭いことである。ゆえに生魚で作ることは考えものである。焼き魚であればたい、はも、はぜ、きすなどは最上である。
はどつかりつた、になつたが起直る。してれる冷汗いたが顏中燒魚腥膻がしてた。す。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
しかし従来腥臭いために余り魚類を好きませんでしたが、この頃は食味が一変してよくそれを食しています。牛肉は幼年時代から一串せる嗜好品ですが、鶏肉は余り喜びません。
「怒つたの怒らねえの、あの生腥法印、洒落や皮肉は通用しさうもないと思つたら、身に覺えがあると見えて、ピンと來ましてね、『岡つ引奴、何を言うやがる。俺に何んの怨みがある』とね」
按摩済む頃、袴を着けたる男また出で来りて、神酒を戴かるべしとて十三、四なるに銚子酒杯取り持たせ、腥羶はなけれど式立ちたる膳部を据えてもてなす。
知々夫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
大概の醒臭坊主に引けを取らず、妾二人をへてる外、講中の誰彼に手を出して、絶えず問題を作りますが、そんな不始末は不思議なことに狂信者達を驚かさなかつたのです。
根をんだ生草だの、虫の足だの、鼠の骨などが散らかっていた。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ハイ。彼奴が須崎の独房で、毎月十一日に腥物を喰いよらんチウ事を、小耳に挟んでおりましたけに……十一日は藤六の命日で御座いますけに……」
骸骨の黒穂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
のあたりの人声、この時かに、古椎の、ざわざわと鳴る風の腥蕈さ。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
白柄組の屋敷奉公にだんだんれて、おとなしい娘もこの頃では血腥い喧嘩沙汰を犬の咬み合ほどにも思っていないらしかった。その落着きすました顔付が、母にはいよいよ不安の種であった。
番町皿屋敷 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
なに忘れてッたのじゃアえ、コウ見ねえ、魚肉ってる折にわざ/\熨斗んであるから、進上というのに違いねえ、独身もので不自由というところを察して持って来たんだ
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
るに、鮮鱗はことさらに魚臭きものゆゑにやあらん。鯸鮐の一名ともいへばにはいよ/\し。とまれかくまれの字を知りて俗用にはの字を用ふべし。
、それだけ出さんとかしおったら構う事アない。あの座敷にお獅子様を担ぎ込むんよ。例の魚血を手足に塗りこくって暴れ込むんよ……久し振りにナ……
いなか、の、じけん (新字新仮名) / 夢野久作(著)