知々夫紀行ちちぶきこう
八月六日、知々夫の郡へと心ざして立出ず。年月隅田の川のほとりに住めるものから、いつぞはこの川の出ずるところをも究め、武蔵禰乃乎美禰と古の人の詠みけんあたりの山々をも見んなど思いしことの数次なりしが、あ …
作品に特徴的な語句
信濃しなの 次手ついで あゆ 藁草履わらぞうり 一室ひとま 禰宜ねぎ かけ 朝餉あさげ 眺望ながめ 折柄おりから 武蔵むさし とり 紫色むらさき 上框あがりかまち 待乳山まつちやま 山間やまあい そばだ かわら 高麗こま 人力車くるま 鍍金めっき ひでり 其処此処そこここ 天正てんしょう なかば あか 日本武尊やまとたけるのみこと 昔時むかし 朱雀すざく 相馬そうま しの 電光いなびかり にお 川越かわごえ 欠片かけ しるべ 迂遠まわりどお 昼餉ひるげ せば 三十路みそぢ 浴槽ゆぶね 磐城いわき かこ いと ひた かいこ 吾妻あずま ひか 嚮導しるべ ひろ 陰影かげ おご 岨道そばみち 言語ことば 雁坂かりさか いし 祝詞のりと 幾許いくばく 三峰みつみね 岩窟いわや 酒杯さかずき 朝食あさげ 岐路わかれじ 太古おおむかし 装束しょうぞく 御稜威みいづ 推測おしはか めぐ 彩色いろどり 東夷あずまえびす 深谷ふかや 此地ここ 市中まちなか 飯能はんのう 御神輿おみこし 売買うりかい 匍匐はらば 楼上にかい 贄川にえがわ 円形まるがた たか 昼食ひるげ 御燈明みあかし 暑気あつさ 旅舎やど 径路こみち 瑞西スイツル 中古なかむかし 時疫えやみ おうな かお 伝説いいつたえ 窅然ようぜん 逆鉾さかほこ 重忠しげただ かね 雌鳥めんどり