“簇立”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そうりつ33.3%
ぞくりつ33.3%
むらだ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山上に於ける雄大な眺望といえば、如何しても同じ位の高さの山が間近く簇立して、に高峻を競っているところにあるといわねばならぬ。
白馬岳 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
そしてやがて仮城とも見える本丸小屋と無数の陣幕が山上にかれ、中央に馬簾旌旗などの簇立している所こそ問わずして、佐久間玄蕃允床几場と知られる。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
縈廻して悠揚らず南に晴れやかに去る風情はまことに面白く、兩岸の巖壁沙汀のさまも好く、松や雜樹畫意簇立つてゐるのもうれしい。
華厳滝 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)