華厳滝けごんのたき
昭和二年七月の九日、午後一時過ぐるころ安成子の來車を受け、かねての約に從つて同乘して上野停車場へと向つた。日本八景の一と定められた華嚴の瀑布及びその附近景勝遊覽のためであつた。 二時五分の日光直行の汽車はわれ等二人を乘せてはしり出した。車窓 …
作品に特徴的な語句
ぎえ たゞち しよう かうむ ふたゝ かに 莞爾くわんじ なほ とこし うたゝ めづ 小角をつぬ いづ かなし をは はな 名香なか 損傷そこな 事由わけ つひや 落下おちくだ 燈火 此地こゝ わた やは いそ あが 龍頭りゆうづ 首肯うなづ やが もち 青山せいざん 道家だうか たふと しめ かさ はだへ 簇立むらだ あを 看過かんくわ うるほ したゝ 汚穢きたな かゝ 斯樣かう なゝめ 手簡しゆかん 山中さんちゆう あつ 吉原よしはら 乾枯かんこ 加之しかも よつ 何樣どう たう 磊砢らいか 晩鐘ばんしよう さら 松蘿さるをがせ いと 死恥しにはぢ たぎ 泰澄たいちよう 洒落しやれ 流行はやり 温泉 漁村ぎよそん 漣波さゞなみ 刀子たうす 潰裂くわいれつ そゝ そゝ 玉澗ぎよくかん 玩具おもちや ゑが 白石はくせき 目地めぢ 兒童こども すがた 眺望ながめ せき 變相へんざう 足跡そくせき 路幅みちはゞ 野州やしう 金華きんくわ 錫杖しやくぢやう 鍍金めつき かさゝぎ あく