“鵲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かささぎ77.3%
かさゝぎ15.9%
じゃく2.3%
じやく2.3%
とり2.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
肥後守は侘助椿のほかにも、肩の羽の真つ白なや、虎の毛皮や、いろんな珍しい物をあちらから持ち帰つたやうにせられてゐる。
侘助椿 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
それは白雲の瀧といふので、その瀧の末の流れをの橋によつて渡つて對岸へ路はつゞく。橋の上は丁度白雲の瀧を見るによい。
華厳滝 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
『後漢書』東夷列伝に、〈韓の東南大海中にあり云々、その地おおむね会稽東冶の東にあり、朱崖儋耳と相近く、故にその法俗多く同じ云々、土気温暖、冬夏菜茹を生じ牛馬虎豹羊なし〉。
わたくしは九州に居ること三年、又其前後に北支那に従征して、高麗烏のたること蘭軒の説の如くなるを知つた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
妻が夫を忘れたときに鏡の破片がになつて夫に告げたといふことや、相思といふ女が男を戀ひ慕つて墓へ參り、木となつてしまつたが、それが相思樹といふのだとか