“扁鵲倉公列伝”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
へんじやくさうこうれつでん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“扁鵲倉公列伝”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 医学 > 基礎医学50.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
史記の扁鵲倉公列伝へんじやくさうこうれつでんに、斉王さいわうの侍医が病気になつた時、五石を煉つて服したと書かれてあり、日本では昔眼病に真珠を用ひた。
毒と迷信 (新字旧仮名) / 小酒井不木(著)