“晩鐘”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いりあい50.0%
ばんしよう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
麓の方で晩鐘が鳴り出した。其鐘のがさるゝかの如く、唖〻〻と鳴いて、山の暮から野の黄昏へと飛んで行く。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
煙寺晩鐘漁村夕照、之を八景といつて得意の畫であつたといふのである。
華厳滝 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)