“刀子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とうす50.0%
たうす33.3%
とうし16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“刀子”を含む作品のジャンル比率
総記 > 団体 > 博物館100.0%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼に刀子とうすを加えようとした、以前の慓悍ひょうかん気色けしきなどは、どこを探しても見えなかった。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
その小刀こがたな刀子とうすまをしますが、それが墓場はかばからたくさん發見はつけんされます。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
二人が宮の中にはいつた時、素戔嗚は又椋の木かげに、器用に刀子たうすを動かしながら、牡鹿の皮を剥ぎ始めた。
老いたる素戔嗚尊 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
立木觀音で艇を出でゝ、立木をきざんだ本尊の古拙ではあるが面白い像を見、勝道上人の所持であつたといふでん刀子たうすだの錫杖しやくぢやうだのを見た。
華厳滝 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
この形が、一種の記号語パジグラフィなんだよ。元来死者の秘顕なんて陰険きわまるものなんだから、方法までも実にねじれきっている。で、この図も見たとおりだが、全体が刀子とうし(石器時代の滑石武器)の刃形みたいな形をしているだろう。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)