“奥村五百子刀自”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おくむらいおことじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“奥村五百子刀自”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
またそういう女壮士の殺風景な政治運動は故中島俊子なかじまとしこ女史の娘時代や近年の故奥村五百子刀自おくむらいおことじの実例に見て、さまでなつかしい性質のものでないことは明瞭めいりょうであるから
婦人と思想 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)