“古刀自”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
フルトジ60.0%
ふるとじ40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此は、横佩家へも出入りし、大伴家へも初中終來る古刀自の、人のわるい内證話であつた。其を聞いて後、家持自身も、何だか好奇心に似たものが、どうかすると頭をげて來て困つた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
此は、横佩家へも出入りし、大伴家へも初中終來る古刀自の、人のわるい内證話であつた。其を聞いて後、家持自身も、何だか好奇心に似たものが、どうかすると頭をげて來て困つた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
此は、横佩家へも出入し、大伴家へも初中終来る古刀自の人のわるい内証話であつた。其を聞いて後、家持自身も、何だか好奇心に似たものが、どうかすると頭をげて来てゐる。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
此は、横佩家へも出入りし、大伴家へも初中終来る古刀自の、人のわるい内証話であった。其を聞いて後、家持自身も、何だか好奇心に似たものが、どうかすると頭をげて来て困った。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)