白馬岳しろうまだけ
今では日本北アルプスの名で広く世に知られている飛騨山脈は、加藤理学士の説に拠ると、凡そ南十度西より北十度東に向って並走せる数条の連脈から成っているものであるという。其連脈の一に白馬山脈というのがある。立山山脈との対称上から又後立山山脈とも呼 …
作品に特徴的な語句
こお うわ 清水しょうず 大平おおでら とど よそおい ぱら ちな つい つの しろ じっ すなわ および 少許すこしばかり ことごと だけ 御山おやま かか 沮洳しょじょ 漂石モレイン ねぶか ばか はるか 一向いっこう 一寸ちょっと 一泓いちおう 三枝さいぐさ 三窓さんのまど 不帰かえらず 乃至ないし これ たがい わた また 仙倉せんのくら 代馬しろうま 偃松はいまつ 兀立ごつりつ もと その 其処そこ 別山べっさん いきおい ひる ぼく 厩窪まやくぼ 厳乎げんこ また ただ 土樽つちたる 地紙じがみ うずたか それ けん いず まさ とが 屡々しばしば 山蒜やまひる 屹度きっと そばだ ついで 御前ごぜん あたか 悪沢わるさわ 所為せい 所謂いわゆる はかど もた 斯様かよう あらた 明科あかしな 是等これら 時鳥ほととぎす 最早もはや 杓子しゃくし 杜鵑ほととぎす 桔梗ききょう 森上もりうえ そり この 此処ここ のこ 毛勝けかち 滾滾こんこん 濛々もうもう しか