“杓子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゃくし77.2%
しゃもじ7.6%
しやくし7.6%
しやもじ3.3%
じゃくし2.2%
じやくし1.1%
びしやく1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
別にただの御飯へ塩味を付けて炊いて火を引く時今の紫蘇の手でんだものを早くの中へ入れておへ移す時杓子でよく混ぜます。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
「いや、まじめだよ。この擂粉木と杓子の恩を忘れてどうする。おかめひょっとこのように滑稽もの扱いにするのは不届き千万さ。」
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
日本麻雀近頃少々杓子ものじになつてしまつたが、か四五ほどのにこれほど隆盛勝負事はあるまいし
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
などと、お靜が杓子を持つて追つ驅けた時は、二人の姿はもう、お臺所から金澤町の角へ消え込んで居りました。
認識への道の下にある、心を型どった池の中にはおたま杓子がうようよいて、空缶にいっぱいすくって帰って来たものだ。
落合町山川記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
あんなのはの頭だつて、お玉杓子の尻尾だつて、流行りさへすれば有難くなる奴ですよ
銭形平次捕物控:130 仏敵 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
火箸が無くなつたり、鐵瓶が無くなつたり、足袋が片つぽ無くなつたり、貝杓子が無くなつたり、支配人の煙草入が無くなつたり、私の紙入が無くなつたり」