“鐵瓶”の読み方と例文
新字:鉄瓶
読み方割合
てつびん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
色々事情綜合してへた、まあ大丈夫だらうとめた。さうして鐵瓶いた。其時座敷
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「寢て居る顏の上へ、二階から大火鉢を投られたんです。その火鉢には煮えくり返つてゐる鐵瓶を掛けてあつたとしたらどんなものです」
卯平いながらにどうにか土間へて其處へは自在鍵してのある鐵瓶たり小鍋けたりすることが出來にした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)