“狹”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
せま77.1%
せば11.4%
5.7%
2.9%
せめ1.4%
はさ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勘次めて周圍してる。せたさな體躯は、周圍反撥してるやうな關係自然成立つてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
カンテラの眼界められた商人木陰かられば滑稽えずめつゝしてがしい群集る。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
春の野に迷ひ出でたはつい昨日旭日にうつる菜の花に、うかるゝともなく迷ふともなく、廣野まく今日までは。思へば今日まではしく過ぎにけり。
北村透谷詩集 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
かれ火照の命は、海佐知毘古として、の廣物鰭の物を取り、火遠理の命は山佐知毘古として、毛の物毛のを取りたまひき。
本當枕元なのせえ、みんなしてつてえつたつて窮屈だつてやつとなんだから、天井へはつゝかり生命でもでもめらつるなおもひでさ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
吉兵衞の話は奧齒に物がまります。が、それ以上は訊いても無駄でした。